【弓の準備】 著 成澤 幸央

まずは弓。弦を擦ることができるように、ちょうどいい固さになるまで張ります。
弓は、木に馬のしっぽが張ってあり、ネジを調節することで緩めたり張ったりすることができます。
弓 バイオリン教室 石神井公園 大泉学園 練馬
画像の赤い○の部分がネジです。
このように緩めてある状態から…
弓 縦 バイオリン教室 石神井公園 大泉学園 練馬

木のしなりと反対側にしなる~垂直にならない程度まで、ネジを巻きます!


※必ず、演奏後は弓を緩めましょう。木が傷んでしまいます。※


弓を張ったら、次はしっかりと弦を摩擦できるように、松ヤニを毛にしっかりと塗ります。
新しい毛だと、思った以上にしっかりと塗らないと摩擦しなくてスルスルと弦の上を滑ってしまいます。

松ヤニはこの様な物で、初心者の方がヴァイオリンを買うと、大体ケースなどとセットで楽器屋さんがつけてくれることが多いです。



次のページへ





Access

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3-18-5
SK コーポ 202