声楽講座 ≪ 歌う上で大切なこと ≫  著 高村清子

ジャンルに捕らわれず、また歌うだけに限らず言えることですが、人前に立って話す、演奏する、演技するという場面において、一番大事なことは…
 
「自分に自信を持つこと」
 
これはなかなか難しい。
「声を出す」ということにおいて、指導する中で私たちが最初に苦戦することは、生徒さんに「自分の殻を破らせる」こと、すなわち「自分の歌声に自信を持つ」ことです。
ただ、大きな声を出す、という目標が、あまりにも客観的で目に見えないものなので、実感することがとても難しいです。
 
 
次に大切なことは…
 
 「音楽を心から楽しむ」
 
これも分かっているようで、実は結構忘れがち。
学ぶ上で難しかったり不安だったりすると、音楽という目に見えない成果はすぐに負担に感じることがあります。
そんな時は、「歌うとなんだかスッキリする」とか「あのアーティストを聞くとウキウキする」とか、音楽を好きになったきっかけや、歌いたいと思い立った出来事をもう一度思い出してみてください。
音楽は字のごとく楽しむもの、また、人を楽しませるものです。
 
歌は「体が楽器」とよく言われます。歌声を体に響かせるという事だけではなく、その日の体調や感情すべてに左右されるのです。
同じメロディを歌うにしても、悲しい表情で歌う、明るい表情で歌う、怒った表情で歌う、すべて伝わり方が違います。
 
とくに「声楽」は前記事≪「ボーカル」と「声楽」の違い≫でも述べたように、頭からつま先まで、体すべてをコントロールして発声することが、ほかの楽器にはない「体が楽器」という意味そのものだと言えるでしょう。
 
何をいまさら…と思う方もいるかもしれませんが、
「自信を持つ」ことと「楽しむ」、この大切な二つを、ぜひぜひ心に留めておいてください。
 
 
 
次の記事では、≪ 声楽における声種と音域 ≫について簡単に説明します。





Access

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3-18-5
SK コーポ 202