クラリネット 著 加藤亜希子

クラリネットについて…

クラリネットは、ニュルンベルクの楽器職人デンナー(1655-1707)によって18世紀初めに発明された木管楽器で、当時フランスにあった楽器、シャリュモーを改良して製作されました。
従来のシャリュモーでは演奏できなかった高い音域の音色が、バロックトランペットのキラキラとした“クラリーノ”と呼ばれる音域に類似していたことから「クラリネット」と名付けられたという説が有力です。
一端が閉じた円筒管であるので、オーバーブロー(リコーダーで息を思いっ切り吹き込むと裏返って高い音が出るのと同じ感じです)したときに、1オクターブ上の音が出るオーボエやサクソフォンとは異なり、12度上の音(ドの音が裏返ると“ド”レミファソラシドレミファ“ソ”のソの音)が出る仕組みです。
そのため音域が広くなり、全体では約4オクターブの音を演奏することが可能です。
低音域は温かく丸みのある音、高音域ははっきりと良く通る音というように、音域それぞれに特有の性格があるため、楽器の用途がオーケストラ、室内楽、吹奏楽、ジャズなど極めて広いのが特長でもあります。
クラリネットはデンナーの発明後にも継続的に改良が重ねられ、最初はキーが2つ(2鍵)のみだった楽器も、18世紀中頃~後半にかけて4鍵、5鍵式が開発され、タウシュ、シュタードラーといったクラリネットの名手の助けもあって奏法が発達し楽器の可能性が大いに広がっていきました。
その後、18世紀末には6鍵式が完成してオーケストラにも広く用いられるようになり、モーツァルトをはじめとする作曲家が室内楽曲や協奏曲に数多くの名曲を残しました。
さらに19世紀に入ると、演奏を容易にするためにより多くのキーが追加され、ミュラーにより13鍵の楽器が開発されました。
また19世紀中頃には、ベームがフルート用に開発したキー機構を応用したベームシステムを、クローゼとビュッフェがクラリネットに導入し(これによりクロスフィンガリングと呼ばれる複雑な運指をほとんど用いない演奏が可能になりました)、フランス語・英語圏に定着して現在に至っています。

一方ドイツ語・ロシア語圏では、重厚で澄んだ音色を持つ旧来のエーラーシステムの楽器が好んで使用されています。

 

クラリネットの仲間
クラリネット属には、基音(ピアノで言うドの音)がB♭(シ♭)、A(ラ)である普通のクラリネット(B♭管、A管)の他に、B♭管より4度高い(E♭、ミ♭が基音)エスクラリネット、B♭管より4度低い(F、ファが基音)バセットホルン、5度低い(E♭、ミ♭が基音)アルトクラリネット、1オクターブ低いバスクラリネット、アルトクラリネットより1オクターブ低いコントラアルトクラリネット、バスクラリネットより1オクターブ低いコントラバスクラリネットなど10種類以上の楽器が存在します。

これはクラリネットだけのアンサンブルですが、様々な大きさの楽器が使われています。

 

クラリネットの仕組み

クラリネットは、持ち運びやすいように実は5つの部分に分かれています。

これを下から順番に組み立てていってみると…

これで完成です。長さは約70cm、重さは約800gです。

この楽器はグラナディラという黒い木を加工して作られていますが、他の種類の木や、合成樹脂、さらには金属で出来ているクラリネットもあります。

楽器の先端には植物の葦を削って作られた“リード”と呼ばれる茶色い板が付いており、息を吹き込むとこのリードが振動し、その振動が楽器全体、さらには空気に伝わって音が出る仕組みになっています。

ちなみにバスクラリネットという、普通のクラリネットの約2倍の長さの楽器も、持ち運ぶときはこのように分解してケースに収納されています。

 

他の楽器とのアンサンブル

クラリネットには沢山の魅力がありますが、そのうちの1つは、クラリネットの音色、音域の広さなどから一緒に演奏するのに相性が良い楽器が多く、色々な人とアンサンブルを楽しむことが出来ることです。

代表的な編成をいくつか紹介してみます。

 

○クラリネットアンサンブル
2重奏~10重奏など、さらには大小様々な楽器を使った数十人から成るクラリネットオーケストラ等も存在します。クラリネットだけのアンサンブルにピアノが加わった曲もあります。

○他の管楽器とのアンサンブル
クラリネット、フルート、ピアノ
クラリネット、ファゴット、ピアノ
木管四重奏(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット)
木管五重奏(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン)
木管六重奏(木5+ピアノ)
など様々な編成の曲があります。

○弦楽器とのアンサンブル
クラリネット、ヴァイオリン、ピアノ
クラリネット、ヴィオラ、ピアノ
クラリネット、チェロ、ピアノ
クラリネット、弦楽四重奏(ヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロ)
などこちらも様々な編成の曲があります。

 

その他には、クラリネット、歌、ピアノの編成や、さらにお琴などの和楽器とのアンサンブルの曲もあります。大きな編成だと100人規模のオーケストラや吹奏楽、またクラシックに限らずジャズ等でも幅広く活躍している楽器です。


 




楽器講師募集 石神井公園 練馬区 サックス バイオリン

Access

〒177-0041
東京都練馬区石神井町3-18-5
SK コーポ 202